重要!マンションを購入する前に知っておきたいこと

購入ポイントを決めておく

新築マンションは購入の申込みを先着順で受け付ける場合が多いですので、ある程度限られた時間の中で決断することが必要となります。その為、前もって重要視するマンションの選定ポイントを決めておくことが大切です。そうすれば、モデルルームを見学した時にも、判断がし易いです。マンションを購入する場合はまず最初にモデルルームを見学しますが、モデルルームの魅力に惑わされて意外に衝動買いをしてしまう方が多いです。高価な買い物ですので出来るだけ失敗は避けたいですので、その場の雰囲気に惑わされないように明確な購入ポイントを事前に考えておくことが重要です。

抽選による購入方法について

新築マンションの物件によっては、先着順ではなく抽選方式で購入者を決める場合があります。その場合は、期間内に申込みを行ってから、抽選結果を待ちます。もちろん同一物件に購入希望者が一人だけの場合は、抽選は行われずに購入が決定します。また申込みをした段階で、証拠金を預けることが必要な場合もあります。証拠金は10万円ほどとそれほど高額ではありませんが、預けた証拠金は売買契約が締結すれば手付金に充当されますし、売買契約が締結しなければ返してもらえます。

住宅ローンの手続きについて

住宅ローンの手続きとマンションの購入は並行して行います。しかし住宅ローンは購入物件を担保に設定しますので、正式にマンションの売買契約を締結しないと、住宅ローンを受けることが出来ません。しかし住宅ローンの審査に通るか分からない状態でマンション購入を決断することは難しいですので、通常はマンションの売買契約の締結前に事前審査を行います。事前審査と本審査の結果は必ずしも一致しませんが、事前審査が通れば大抵マンションの売買手続きを進めることになります。もし本審査が通らなかった場合でも、殆どの売買契約にはローン特約が設けられておりますので、住宅ローンを受けられなかった場合は売買契約を白紙にすることが可能です。

新築マンションとは言葉の通り新しく建てられたマンションのことを言います。新しく建てれたのでとても綺麗です。