高齢者向けの老人ホームには様々な種類と特徴があります

老人福祉施設と民間の有料老人ホーム

老人ホームは地方自治体または社会福祉法人、財団法人、医療法人など非営利団体が設置している老人福祉施設と、非営利団体だけでなく、営利法人も運営することができる有料老人ホームとに分けられます。高齢者人口の増加に伴い、高齢者向けのさまざまな施設・住宅が建てられるようになりました。子どもと同居できればよいのですが、高齢者のみの世帯の場合、心身の状態や経済的な事情を考慮して新しい住まいを探す必要が出てきます。老人ホームにはさまざまな種類があるので、特徴や入居条件を知っておく必要があります。

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームのことを「特養」と呼んでおります。公的機関が運営する施設で、身体や精神に著しい障害があるために常に介護を必要とするが、やむを得ない事由により、居宅で介護を受けることが困難な高齢者が入居する施設のことです。おおむね65歳以上の高齢者となります。入所したい施設と契約することによって利用するのが原則ですが、やむを得ない事情がある場合には市区町村による入所措置が行われることもあります。所得が多い場合でも入所することは可能です。

有料老人ホームの特徴

有料老人ホームとは、民間企業や社会福祉法人が運営する高齢者向けの住宅です。営利法人もあらかじめ都道府県に届出を提出し、経営状況などについて都道府県知事に毎年報告すれば、老人ホームの経営ができます。ただ、民間の有料老人ホームは、身体的障害や環境上の理由というよりも、自らの意思で老後生活をより快適に過ごすための施設なので、老人福祉法の老人福祉施設とは異なります。利用申し込みは直接施設に行い、利用負担は設置者との契約によります。

川崎市の老人ホームでは、併設にデイサービスや訪問介護事業所を併設しているので24時間対応してくれます。