注文住宅なら外断熱での家づくりがおススメ

日本ではまだまだ普及していないが

外断熱というのは、北欧などでは一般的なんですけど日本ではまだまだ聞きなれないことばですよね。外断熱工法では建物全体を断熱材ですっぽり覆って魔法びんのような状態にするから、室内は外気の影響を受けづらく、断熱効果が極めて高いそうなんです。エコが求められる昨今、時流にぴったりな家づくりとなりますね。建売住宅は内断熱がほとんどですから、せっかく注文住宅にするのであれば、外断熱を採用したほうがいいと思いますよ。

結露防止に最適な外断熱

冬場は特に結露が気になります。サッシのレール部分に隙間があるのは、結露の水を逃がすためなんですって。結露して当たり前、となっているのは、国内のほとんどの住宅が内断熱となってるからでしょうね。外断熱では結露の心配がほとんどないようです。結露は壁の内側や柱にだって影響しますから、それらが傷みやすくなって、シロアリも出やすくなります。ただでさえ湿気の多い日本です。冬場の結露をなくせる方法があるなら、ありがたい話ではありませんか。

外断熱は割高だけれど

外断熱で建てた家は割高となります。でも、冷暖房費は半分以下で済むってデータもあります。内断熱工法と違って、柱が外気にさらされずに済むため、家自体も長持ちしやすいようです。シロアリ駆除代とか修繕代とかの心配がなくなるなら、十分ペイするかもしれません。魔法瓶効果で、室内のどの部分も同じような温度になるので、トイレや入浴などで部屋から出た時の急激な温度変化もなく、健康にもいいようです。普及してないのは残念ですが、注文住宅をつくる人にはチャンスがあるわけです。

注文住宅とは、デザインを一から考えて注文して家を作ってもらうことです。最初からできている家を買うことは建売住宅といいます。