入居時、更新時に家賃値下げ交渉をするコツ

家賃の値下げ交渉ってしてもいいの?

賃貸住宅を借りる時、家賃は重要なポイントになりますよね。借りる側からすれば、1000円でも安いほうが良いと思うでしょう。月に2000円違えば年間で24000円の差になります。最近は、入居時や更新時に値下げ交渉するケースが増えています。しかしただ闇雲に下げてくれというのは賢明ではありません。住んでいる人が追い出されることはありませんが、入居時に家賃交渉をしただけで家主さんの気分を害してしまい、入居を断られるケースもあります。

入居時の交渉は下手にお願いする

まずは入居時に値下げ交渉をするケースですが、新築物件や、そもそも相場よりも低い家賃の物件で交渉しても応じてもらえる可能性は低いです。交渉をするなら周辺の似た条件の物件の相場を調べ、相場の範囲内での交渉にとどめたほうが良いでしょう。また家賃はあくまでも家主さんが自由に決められるものですので、下げてもらって当たり前、というような態度はいけません。是非借りたいが少し予算オーバーであるなど、あくまでもお願いという形で下手に出るのがコツです。

広告で家賃が下がっていたら更新時に交渉のチャンス

次は入居中の物件で更新時に交渉するケースです。家主さんは、できれば家賃は下げたくないと思っていますので、ただ下げてくれというだけでは快諾してくれません。下げてくれという根拠を示すべきでしょう。例えばまったく同じ間取りの部屋の入居者募集広告が安い家賃になっている時などは、交渉のチャンスです。入居時の交渉と同じく、下手に出るほうが成功しやすいでしょうね。近くに同じような間取りで割安の物件があれば、住み替えをほのめかすのも有効ですよ。

帯広市の賃貸マンションには、様々な人が暮らすことになるので、それだけ防犯性も優れていて、マンションに住んでいる人達を守ってくれます。